文字サイズ
海外で学ぶ

学部行事紹介

K-con (2020) 結果発表

国際コミュニケーション学部の皆様,K-conにご応募いただきましたみなさま,お待たせしました!厳正な審査の結果,受賞作品が決定しました.各作品のタイトル,受賞者をご紹介させていただきます!

  • 最優秀賞
    社会人団体によるラオスの教育支援の可能性-NGOの活動に着目して-
     国際教養学科 4年 天野さん
  • 優秀賞
    漫画がMANAGAになったわけ
     英語学科   2年 梅本さん
     英語学科   2年 宮田さん
     国際教養学科 2年 北出さん

作品は,学内の方はMoodle上でご覧いただけます.以下URLよりご確認ください. https://lms.aichi-u.ac.jp/2020/course/view.php?id=21586

審査員のコメント

  • ウィリアム・ブルックス
    コメントを読む
    私は両方のグループ の プレゼンテーションに感銘を受けました。ラオス についての プレゼンテーションにはナレーションはありませんでしたが、内容は独自の研究でよくできていて、理解しやすいものでした。マンガに関するプレゼンテーションは非常に面白く、外国のマンガとの優れた比較や歴史的背景が含まれていました。塩山先生が言うように、来年参加者が増え、素晴らしい結果が得られることを期待します.
    I was impressed with both groups' presentations. Although the presentation on Laos did not have any voic e over recording in it, the contents were well done with original research and easy to comprehend. The presentation on manga was very entertaining and included some excellent comparisons with foreign manga and historical background. As Shioyama Sensei note d below, we expect more participants and excellent results again next year!
  • 高村めぐみ
    コメントを読む
    まず、漫画のプレゼンテーションは、見せ方が上手で、 見ていて 非常に惹きつけられるものがありました。英語でスピーチをしていたのも一生懸命練習したのが伝わってきました。また、3人のチームワークの良さが分かり、とてもワクワクしながら見ることができました。ラオスのプレゼンテーションは、 1 つの研究として成立している内容の濃いものでした。インタビューをした 結果もきちんと分析してあり、これからの「国際化」に対しても示唆に富むものだったと思います 。どちらもレベル が高く、審査のし甲斐があるものでした 。
  • 鎌倉義士
    コメントを読む
    今回のコンテストにおいては、参加者のみなさんがウイルスの影響のため資料収集や実地調査が難しい中で努力を惜しまず、分析やまとめを行っていた点が印象的でした。よく頑張ってくれました。それぞれの発表には長所も短所も含まれていました。改善点は全てこの移動や調査が制限される環境に起因するものです。インタビュー調査は、実績のある NGO に聞き取りができた点は素晴らしい ですが、私としては企業側の意見も聞いてみたいと感じました。対して、マンガという日本が誇るべき文化にはデータをさらに集め、分析に深みを持たせて欲しかったことが私の希望です。とは言うものの、どちらの発表内容も学部を代表するに相応しいものでした。教員としても誇らしいです。
  • 塩山正純
    コメントを読む
    どちらの作品のパワーポイントも、教員のオンデマンド教材作成の見本のラインナップに加えたいなと思うほどに質が高かったと思います。来年こそは多くの参加を得てさらに盛り上がるコンテストになることを期待しています。

English Café(言語学科)

English Cafe風景

愛知大学との協定校アメリカトリード大学・ハワイ大学からの留学生と国際コミュニケーション学部学生との English Café を毎週一回グループ学習室で行っています.

飲み物を飲みながら,90分英語だけを使ってアメリカや日本の文化・学生生活・日々の暮らしについて自由に会話を楽しんでいます.言語コミュニケーション学科ではこのほかにも,外国人教員の先生と教室でランチを取りながら英会話を楽しむ時間もあります.

2012年度新入生オリエンテーション

新入生オリエンテーション風景

新名古屋キャンパスで,新入生オリエンテーションが開催されました. 希望と期待に溢れ,少し緊張した面持ちの新入生と触れ合うことができました.

新入生にとっては,はじめてキャンパスに足を踏み入れた記念すべき日ですが,私ども教員にとっても新キャンパスで学生と出会うはじめての日となりました. 教員一同,(けっして今まで手を抜いていた訳ではありませんが)今まで以上に教育・研究に邁進しようと襟を正す思いです.